二代目*雪の白
日々徒然、映画の話ナド。


--.--.--  <<--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. スポンサーサイト / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.01.30  <<17:01

 日々徒然だけどプチ旅なのでじゃーにー。

 先日、広島県呉市にある、
大和ミュージアムに行ってきました。

 宇宙じゃないほうの戦艦ヤマトと、
それを建造した軍需工廠・軍港のある呉市の
歴史やら推移やら資料やらみたいな施設でした。
おまけみたいに宇宙戦艦ヤマトのコーナーも実はある…。

 母方の曽祖父が
大和の設計に一部携わった人でもあるということで、
ただの地元産の戦艦というだけではない、
微妙な思い入れのあった大和。

 かなり綿密な史料があります。
ただ、資料は少なめかな。
でも、情報だけでもかなり量があって、
映像資料も相当質のよいものが大量にあるので、
全てを綿密に閲覧するには3時間以上かかります。

 そこらへんの情報に詳しくて勤勉な人だったら
もう30分くらいは減らせるかもしれないけど、
わたしは連れにレクチュアを受けながらだったので
結果的に3時間ちょいかかったんじゃないかな。

 うん、
あのへんもーちょい勉強せんといかんね。
イギリスには行ったんだし、
ドイツ人の彼氏もいたんだし、
イタリア人の友達もいるんだし。

 しかし
日本の四分割統治とかなかなか肝が冷える。
一部の方には常識なのでしょうが、
わたしには新しい情報だったのです。

 1階はそういった真面目な資料館なのですが、
最上階はお子様向けの実験館みたいになっています。
水に波を起こす機械や、
浮力・揚力についての展示や実験機械など。
本当に子ども向けの展示になっているけど、
大人でも勉強になるほどの内容でもあり、
歩きつかれた心がちょっと癒されました。
素直に楽しめます。

 そんなこんなで、
お近くにおいでになる際にはぜひ、
大和ミュージアムも予定に入れてあげてください。
広島の原爆資料館のような偏りはなく、
日本人としての誇りを持った資料館でありました。
スポンサーサイト

No.25 YAMATO Museum / じゃーにー。 / Comment*2 // PageTop▲

Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

こんなとこからごめんなさい。
アド変メールが送信できなくて、そもまま放置してました;;
捨てアド置いてくので明日の件についてメールください(>.<)
2007.01.30(18:55) / URL / はるか / [ Edit ]

大和ミュージアム。
行ったことはまだ無いんですが(笑)
でも一度は行きたい場所でもあります。
呉は海の図書館もあったはず。
そう言う資料には恵まれてる土地柄ですからねえ。
ちなみに今は、もう復元出来る技術が残ってません。
船体は作れても、大砲が作れないんですね(笑)
そう言う意味でも、時代を感じさせる船なんだと思います。

もちろん、そこに隠された時代背景も、忘れてはいけませんけどね。

ちなみにあの設計図、今見ても惚れ惚れする出来映えです。
全ての設計図は見つかってないけど、一部公開されてるのを見たら、美しい図面がそこにあります。
ああいう図面がかけたら良いなあ、と、想うのですよ。(設計の仕事なので)
2007.01.31(00:53) / URL / ぱのじ / [ Edit ]
 Home 



photo by LEBELLION≠反逆 / template by キミの、となり。
/ Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。